脇の面倒な手入れから解放される永久脱毛について

2013年2月の投稿一覧

ケノンってシミや色素沈着に効果ある?

ケノンは“光”によるフラッシュ脱毛なので、黒い色素に反応します。

ホクロ、色素沈着、日焼けのある場所には照射できません。

照射する場合は、レベル5以下程度の低いレベルで行うか、肌に優しい連射モードを使いましょう。

ホクロのある場所を隠して照射するという方法もあります。

ホクロの多い方はたいへんですね…。

日焼けの場合は、日焼けの少ない冬に脱毛するとか、色素沈着の場合は、色素沈着を薄くしてから脱毛することをおすすめします。

しかし、ケノンには美顔機能もあるので、こちらはシミやソバカスに対応しています。

シミやくすみが薄くなるので試してみてください。

ケノンを購入する場合は、ホクロ、色素沈着、日焼けの状態などをよく考えて買った方がいいかもしれませんね。

脇の永久脱毛は場所によって違う?

ワキの永久脱毛についてです。エステや美容外科では、ワキだけでなく体の全てのムダ毛のケアをするための技術や設備が取りそろえられているようです。エステで行われる永久脱毛は、昔と比べて費用も少なくなり、痛みを減らし安全な脱毛ができるようになってきています。

エステでは様々な部位の脱毛を取り扱っていますが、中でも人気があるのはワキの下です。ワキの永久脱毛を望む人が多いということがわかります。永久脱毛をエステで行う時は、レーザーの光を施術部位にあてる方法が一般的です。

レーザーを用いる脱毛のメリットは、広範囲をまとめてできるので施術時間が短く済むこと、輪ゴムで弾く程度の痛みしかないということがあります。エステでのワキの永久脱毛が関心を呼んでいるのは、脱毛範囲が必然的に狭くなりリーズナブルな点があります。エステではなく美容整形外科で永久脱毛をしてもらうことも可能です。

施術方法はエステと同じくレーザーによるものか、特殊なハリを使って行うものがほとんどのようです。針を用いた脱毛は、毛根の一つ一つに対して処置をするので必然的に時間がかかりますが、確実な脱毛が期待できます。

↑Pagetop

Copyright(c)脇永久脱毛ジャーナル. All rights reserved.